認定こども園 札幌自由の森幼稚園・保育園

資料請求
お問い合わせ

2022.06.07

運動会的行事『ネーチャーオリンピック』にむけて

自由の森では、運動会的行事を『ネイチャーオリンピック』と名付けて、実施しています。

お話の世界でイメージを広げながら、友達と一緒にいろいろな遊びを楽しみ、戸外への興味を高めたり、存分に体を動かす充実感を味わえるよう、ねらいを持ちながら活動に取り組んでいるところです。

会場となる「うんどう公園」で、かけっこやリレーをしたり

室内でも、体操を踊ったり、お話の世界をイメージしながら、ゲームを楽しんでいます。

年中さんは、同じお花の色のお友達探し!「あ!同じだね!」「楽しいね~~!」

乳児さんも、乳児ならではのゆったりした流れで、お話の世界に触れ、登場キャラクターに慣れ親しみながら、当日に向け活動を楽しんでいます。

当日に向け、期待や意欲を十分に高めながら、日々の活動を楽しんでいけるようにと思っております。

 

 

 

 

2022.06.07

「森のとしょかん」の屋根が塗装されました!

自由の森にあるたくさんの遊び場「ゾーン」のひとつに『森のとしょかん』があります。先日、屋根が塗装され、ピッカピカになりました!

活動的に遊ぶ戸外の中で、絵本や図鑑をじっくり見たり、ちょっとお休みしたり、遊びの変化にもなる場所です。

子どもたちにとってよりよいゾーンとなるよう、職員でアイデアを出し、秋ごろには研究保育もしていく予定です。

 

2022.05.28

日ごとに緑が色濃くなっています

5月も下旬を迎え、森の木々の緑も色濃くなりました。

ついこの間まで、木々の間から日が差していた場所も、暑い日にはちょうど良い日陰となり、自然の生命力を日々の変化から感じます。

子どもたちは、身体全身でそれらを感じ取り、気持ちよさそうに空を見上げたり、風を感じていたり…

 

自由の森では、幼児部門の子どもたちが初めて森へ出るときは、まず「戸外探検」をします。年中組は同じ学年でペアとなって、年少長組は年少と年長がペアとなって、森にあるたくさんの遊び場所(これをゾーンと呼んでいます)を探検しながら、「こんな楽しいことができるんだよ」「ここはあぶないから、ルールを守ろう」など、大事なことを含めながら、戸外遊びへの期待を高められるようにしています。

出発前に、お話を聞く子どもたちの様子です。「早く行ってみたいな~♪」

いざ、出発!

「砂工房」横にある「ぽっかり沼」を眺めている子どもたちです。

毎年、5月頃にかもがやってきます。

子どもたちが大好きな「砂工房」

3階建て構造の砂遊び場で、すぐそばには、水も流れており、子どもたちの遊びへの意欲をかきたてています。

探検後に、大量の砂が新しく入り、連日子どもたちで大賑わいのゾーンです♪

その他、「森の番屋」や「野外ステージ」など、森全体の探検を楽しみ、翌日から、戸外での遊びを満喫している子どもたちです!

学校法人 北邦学園

〒060-0063
札幌市中央区南3条西1丁目1番地
南3西1ビル 4階
Google Map
TEL 011-280-1771 FAX 011-280-1772

個人情報保護について

All rights reserved, Copyright (C) 学校法人北邦学園.