認定こども園 いちい幼稚園・保育園

資料請求
お問い合わせ

園の特徴 | 概要

わたしたちの取り組みやデータをお伝えします。 わたしたちの取り組みやデータをお伝えします。

概要

平成29年度実施 自己評価について

平成29年度に実施した
認定こども園 いちい幼稚園・保育園の
自己評価の結果の概要は、次のとおりです。

 平成29年度実施 自己評価

1.本園の教育目標

2. 重点的に取り組む目標・計画

3.評価項目の達成及び取り組み状況

評価項目 達成及び取り組み状況
認定こども園として 保護者対応と連携について
・幼稚園と保育園両方の機能を持つ認定こども園は、保護者の就労の有無等もあり、保護者に対しての配慮や情報発信の仕方が違う部分もあるため、保護者の立場になり考え、丁寧に向き合い保護者と連携を深めていくようにし、園と保護者が同じ方向を向き協力しながら子どもたちを育んでいくように対応してきた。
・毎月のクラス便りでは、行事・うた・手遊び・保育内容などを知らせている。また、個人懇談やクラス懇談を実施して、園の様子や個々の子どもの様子を知ってもらうための機会にしている。また、必要に応じで随時個人懇談を行い電話などで子どもの様子を伝えるよう努めている。
・行事などではアンケートを実施し、保護者の声やご意見を受けとめながら、より良い形を検討している。

教育・保育について
・本学園の建学の精神の下、年齢ごとの年間の指導計画から、クラス毎の保育のねらいを設定し、ねらい達成を念頭に週案(採用1年目の教諭は日案)を作成し、計画的な教育・保育を実施してきた。
・日に一度の『確認の会(乳児は午睡中、幼児は合同保育終了後)』、その日の出来事や翌日以降の確認と注意すべき内容、アレルギーなどを報告し合い、乳児と幼児に分かれはするが、職員が情報を共有することで保育に役立てている。
・行事ごとに反省会(保護者の声などを含む)を行い、次年度に向けて検討してきた。
・幼保連携型認定こども園教育・保育要領が改訂(幼稚園教育要領、保育所保育指針も同時改訂)され、中学校や小学校の学習指導要領改訂に先駆け、平成30年度より実施されることから、本学園の教育の柱である本学園独自の『教育課程・指導計画 基底編』の改訂作業を、学園指導部と全園の主任を中心に設置した検討チームで行ってきた。また、改訂する基底編の内容に基づき、当園版の『教育・保育課程・指導計画』を見直し、平成30年4月からの教育・保育の円滑な実施を進めることとしている。
研修・研究について ・研修では、札幌市幼児教育センター主催の初任段階における研修(1年次・2年次)や外部研修に意欲を持って参加し自己研鑽に励み、幅広い考えかたで保育にあたっている。また、当学園主催の研修では、新採用職員・中堅職員対象、夏季合同研修のほかに、今年度は新たに主任研修・栄養士研修・図書研修が加わり、資質向上や保育能力の充実を図っている。
・現在行っている園内研究では、『異年齢の友達と関わりながら、子どもたちが意欲的に遊びを発展させるための環境構成や保育教諭の援助を考える』を研究主題とし、子どもたちの遊ぶ力を再発見できればと考えてきた。また、発達段階に合わせた保育計画や子ども理解を深め、資質向上を意識してきた。
・義務化された教員免許状更新講習では、更新期限を各人はもとより学園や園でも把握し、計画的な受講の機会の確保について配慮をしている。
安全対策の取り組みについて ・避難訓練は、防災(地震含む)・不審者対策など様々な保育の状況を想定し避難場所を変えながら、幼稚園部門は昨年度より1回多く年4回行っている。保育園部門は毎月実施する予定である。子どもへの抜き打ち訓練のほか、職員の意識がマンネリ化しないよう行っている。また、その都度課題を話し合い災害に備えている。
・9月には、職員がシェイクアウト訓練(地震の全道一斉行動訓練)に参加した。
・不審者を侵入させないことを第一に、玄関は常に施錠しているが、色々な方の出入りもあり開錠されている場合がある。開錠ボタンの使用方法を工夫し、確認されているかの徹底するよう努めている。
・遊具の点検・補修を、今年度も4月と8月に行った。また、日に一度の『確認の会』では、園児の病気やケガの状況を報告し合い、安全対策に問題がないか検証している。
・近隣公園への園外保育や散歩などを含め、全職員が危機管理意識をしっかり持って園運営を行っていけるよう努めている。
地域との関わりと開かれた園としての
取り組みについて
・年長児が進学する心構えと期待をもてるように、小学5年生と年長児の交流活動は、もみじの丘小学校と2回行った。もみじの森小学校とは1回予定している。
・もみじ台中学校との職業体験実習の受け入れを行った。
・本年度、札幌市保育園・認定こども園・子育て支援センターでの公開保育会場となった。厚別区はもとより区外からも関係者が来園し、日常の保育を公開・見学するとともに職員間の交流が行われるなど外部の方に見てもらうことで学びを深める良い機会になった。
・子育て支援事業として未就園児を対象に、園開放、キッズクラブ、一日体験入園を行い、友達と遊ぶ機会や家庭ではできない体験などの遊びの広場を、乳幼児がいる保護者に提供している。
・運動会や秋祭りでは、近郊児童館やスーパー等にポスター掲示をお願いし、地域の方々も行事に来ていただいた。
・もみじ台地区子育て支援ネットワーク意見交換会に参加し、地域の方々と「子ども期の体験について」の意見交換を行った。

4.学校評価の具体的な目標や計画の総合的な評価結果

評価結果 ・前年度の反省を活かし、日々の保育や園内研究を通していろいろな意見交換を積極的に行い、子ども一人ひとりの心の育ちに寄り添いながら保育に取り組んできた。
・子どもの発達段階の理解や成長の見通しを持つという点は、時間を要したことや十分には行えなかったことは課題として上げられるが、主任、中堅、新人など、それぞれの立場に合わせた心構え、責任感の芽生えのきっかけとなるよう、学園主催の研修を多く設け指導に当たってきたことで、中堅保育教諭による後輩への指導や、新任保育教諭の真摯に保育に向き合う姿勢や成長を実感することができた。
・また、幼保連携型認定こども園教育・保育要領が改訂され、姉妹園各園の主任保育教諭が中心となり本学園独自の『教育保育課程・指導計画 基底編』の改訂作業を日常業務と並行して行っている。次年度に向け、教育・保育を学び理解を深め円滑な実施を進めていることは、大いに評価できる。
・保護者には、今後も園運営や教育・保育方針を具体的にイメージしてもらえるよう発信の工夫をしてきたい。

5.今後取り組むべき課題

課題 具体的な取り組み状況
教育保育について 平成30年4月施行の幼保連携型認定こども園教育・保育要領の改訂ポイントを意識しながら取り組みたい。
行事について 大きな行事は、企画や事前準備に時間を費やしてしまうことから、内容を精選するなどし負担を軽減していきたい。
小学校の接続について 必要に応じて園児の個性を共有し、スムーズな進学ができるように、引き続き配慮していきたい。
安全対策について 玄関が開錠されている場合があるため、開錠ボタンの使用方法を工夫しながら、施錠の確認と徹底に努めたい。
環境整備について 老朽化もあり、園庭の木柵の腐食や遊戯室2階パンチカーペットの破損や汚れ個所が目立つことなどから園全体の環境整備を段階的に進めていきたい。

平成29年度実施 学校関係者評価について

平成29年度に実施した
学校関係者評価の結果の概要は、次のとおりです。
※学校関係者評価は、同年に実施した自己評価に対するものなります。

 平成29年度実施 関係者評価

1.本園の教育保育目標

2. 重点的に取り組む目標・計画

取り組む目標、計画 評価、意見等
・認定こども園として
・研修・研究について
・安全対策の取り組みについて
・地域との関わりと開かれた園
としての取り組みについて
・『認定こども園として』について、園としてその年度の重点までキーワード的なもので表現するとよい。

3.取組み状況

評価項目 学校関係者評価
認定こども園として 評価:B

「評価」の区分
A:成果を上げている
B:ある程度成果を上げている
C:もう少し努力が必要である
D:改善が必要である



保護者対応と連携について
・担任の先生が、しっかりと子ども一人ひとりを見てくれているのを感じる。とても密に連絡をくれるので、仕事がある中、電話時間を割いてもらい恐縮するほどである。個人としては、ケガをした、させた、人に迷惑をかけてしまったことくらいの些細なことは担任に委ねているので連絡はいらないと思う。
教育・保育について
・おみこし行列や壁面製作などの異年齢の交流は、保護者の目にも入り、その関りは微笑ましくもあり、お互いに育ちあう大切な機会である。幼保一体化後、どのような異年齢交流になっていて、機会が減ったり、難しい状況になっていないか?
・『いちいの子ども』をどのように育てていくのかが見えない。教育・保育活動、行事などにも、より具体的な形で表現されたことが、その中に体現されてほしい。
・『確認の会』の取り組みは非常によい。子ども情報の共有化はとても大切。職員間の情報交流はとても大切なので、これからも意識して行ってほしい。
・園独自の取り組みについて、もっと情報としてアピールするとよい。
・日々の保育に加え、教育・保育課程の見直しが大変だと思う。どうすれば負担が減るのか考える必要がある。
研修・研究
について
評価:A
・研修参加は、日々の保育のマンネリ化を防ぎ、身体と心のリフレッシュを図ることができることから、見分を広げるよい機会なので、時間をやりくりし、計画的に取り組めるとよい。
・研修、研究は大切だが、もっと大切にするのは、『いちい』としての職員の協働体制。職員同士のコミュニケーションや同僚性が重要。
安全対策の取り組み
について
評価:A
・避難訓練は、とても工夫していると思う。
・地震発生時、我が子が自らテーブルの下に避難し、成果を感じる。
・年2度の遊具の安全点検を行い、子どもたちが安心して遊ぶことができる環境構成に力をいれ、努力していると思う。
地域との関わりと開かれた園としての
取り組みについて
評価:A
・年長は、小学生やお年寄りとの交流があり、開かれた園の取り組みとしてよい。
・小学校という場所と小学生、両方に慣れることができ、小学校への期待感が大きくなったと思う。
・未就園児への園開放は、保護者にとてもありがたい機会であり、園の施設の他に、関わってくれた先生の対応も見られているが、“いちいの先生たちは感じが良かった”など、よい評判をよく耳にする。
・園として、職員、子どもについての取り組みは十分と思う。多様化の社会でなかなか難しい問題だが、保護者の様々な形での啓発活動、親としてどうあるべきかについては、考えてほしい課題である。

4.学校評価の具体的な目標や計画の総合的な評価結果

学校関係者評価意見等 評価:B
・具体的な子どもの姿として発信することが大切。
・職員のSNSについて、今の時代、保護者は簡単に先生のプライベートを見ることができるようで、保育の内容なども触れられていたりする。SNSとの関わりを考えるべきである。

5.今後取り組むべき課題

課題 学校関係者評価意見等
教育保育について 評価:A
・働き方の改革は必須である。
行事について 評価:A
・負担の軽減を図れるといい。
小学校の接続について 評価:A
・協力していきましょう。
安全対策について 評価:A
・引き続き徹底してほしい。
環境整備について 評価:A
・段階的に進められるといい。

過去の自己評価・関係者評価の結果はこちら

入園のご案内

資料請求 お問い合わせ

認定こども園 いちい幼稚園・保育園 認定こども園 いちい幼稚園・保育園

認定こども園
いちい幼稚園・保育園

〒004-0013
札幌市厚別区もみじ台西5丁目3

アクセスについて

TEL 011-897-1311
FAX 011-897-7004

資料請求 お問い合わせ
地図

学校法人 北邦学園

〒060-0063
札幌市中央区南3条西1丁目1番地
南3西1ビル 4階
Google Map
TEL 011-280-1771 FAX 011-280-1772

個人情報保護について

All rights reserved, Copyright (C) 学校法人北邦学園.